警備員のカリスマを目指して


by e1ofoheelq

カテゴリ:未分類( 50 )

 千葉県松戸市は15日、山崎直子宇宙飛行士(39)と宇宙へ行ったはずの松戸原産のカボチャの種120粒が、所在不明になっていると発表した。米国内で紛失し、もともと宇宙に行かなかった可能性もあるという。市は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に調査を依頼した。

 市によると、「松戸白」230粒と「国際交流かぼちゃ」120粒を別々の封筒に入れ、プラスチック容器に収めて昨年10月に米国へ送った。容器はスペースシャトルに積まれて今年4月5日に打ち上げられ、同20日に山崎飛行士と帰還した。市に戻った容器を開封したところ、「松戸白」230粒しか入っていなかったという。【早川健人】

【関連ニュース】
宇宙種:再打ち上げ…JAXA、9月に同じ種類
雑記帳:山崎宇宙飛行士の街頭パレード 千葉・松戸
山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問
スペースシャトル:行方不明の植物の種子 依然発見できず
山崎直子飛行士:帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」

公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
<話題>「にしん御殿」に「ボタン」花盛り 小樽(毎日新聞)
SFCG関係メールを削除=違法取引隠ぺい狙いか―振興銀、出資法抵触の疑いも(時事通信)
中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-06-18 08:56
 岡田克也外相は4日午後の退任会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米合意について、「閣議で決めたものだからもちろん尊重される。内閣が代わっても変化がないことは当然だ」と述べた。
 岡田氏は日米合意で8月末までの代替施設の建設場所や工法の決定を明記していることに対し、「完全に沖縄側の理解がないと前に進まないということではない」と強調。沖縄県側が政府方針に反発していることには、「当然、反省すべきところはたくさんある。期待感を非常に高めてしまった」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

介護職員「キャリアパス要件」のモデルを例示―厚労省(医療介護CBニュース)
<みんなの党>参院選比例代表に米田雅子氏を擁立(毎日新聞)
<環境白書>閣議決定 環境技術で新たな成長(毎日新聞)
子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
交通切符560枚盗まれる…違反者の情報記載(読売新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-06-07 21:22
 かつては観賞用や緑化用に利用され、現在は特定外来生物に指定されている北米原産のオオキンケイギクが、木曽川流域などで生い茂り、在来種への影響が懸念されている。繁殖力が強く国土交通省は対応に苦慮。職員が駆除作業を進めてきたが、外来生物に対する住民理解を高めるため、今月初めて住民参加型の駆除活動に乗り出す。【福島祥】

 岐阜県各務原市の国営木曽三川公園かさだ広場では、毎年5月ごろ、オオキンケイギクの黄色い花が広がる。同市などによると、かつては初夏の風物詩として親しまれ、旧川島町時代には「オオキンケイギク祭り」が開かれていた。04年の合併後は「かさだ広場フラワーフェスタ」として同市が祭りを継承。しかし、06年にオオキンケイギクが特定外来生物に指定され中止になった。

 オオキンケイギクは北米原産で、高さ30〜70センチに育つ。国交省木曽川上流河川事務所によると、道路ののり面の緑化に多用され、河川敷や鉄道の線路わきなどで野生化した。同省の90〜95年度の「河川水辺の国勢調査」では、調査対象78河川のうち19河川(24・4%)の河原でオオキンケイギクが自生。01〜05年度の調査では121河川中86河川(71・1%)に拡大した。

 オオキンケイギクは繁殖力が強く背丈が高いため、カワラサイコやカワラナデシコといった在来種を減少させてしまう。同事務所はオオキンケイギクの種が拡散しないよう開花時期に抜き取って駆除する作業を続けており、「ここ数年は拡散を止めている」という。

 同広場で06年度から進めている植生管理実験では、オオキンケイギクを減らすと在来種が回復するという効果を確認。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に合わせ、住民参加型の駆除作業実施を決めた。

 同事務所は「身近な河原環境の現況を知ってもらい、外来種対策や河川植物の保全に理解と協力を求めたい」としている。抜き取り作業は29日午前9時〜正午に行う予定。

 【ことば】特定外来生物

 国外から持ち込まれた動植物で、生態系や人の生命、農林水産業に被害を及ぼす生き物、その危険性のある生き物が、外来生物法に基づき指定される。2月現在の指定種は97種類。輸入や飼育、栽培は原則禁止。同法に違反すると、個人には3年以下の懲役か300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科せられる。

【関連ニュース】
琵琶湖:ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発
生物多様性の日:富士山麓で外来種駆除
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
タンポポ:西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割

民主・小宮山議員の兄ら2人を詐欺容疑で逮捕 (産経新聞)
ワクチン接種、新たに3市1町で=牛にも実施―口蹄疫問題(時事通信)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
携帯電話を人に例えると……10代・20代は「相棒」、30代以上は?(Business Media 誠)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-05-28 21:37
 民主党の小沢幹事長は13日、広島市で記者会見し、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件について、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席し、説明する考えを表明した。

 小沢氏は、政倫審での説明や東京地検の事情聴取に応じる考えがあるかどうかを記者団に問われ、「選挙民、国民の皆さんにしっかりと話をすることによって理解と支持を獲得することができると思う」と述べた。

 自らを含む政治とカネの問題が夏の参院選で政権与党に与える影響については、「(影響を)及ぼしていることは間違いはない」とする一方、「きちんと説明すれば、必ず国民は理解してくれる」とも語り、幹事長続投への意欲を強調した。

「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
バラとガーデニングショウ 黒柳徹子さん、バラを語る(毎日新聞)
木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-05-20 13:53
 自民党の石破茂政調会長は6日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、都内で記者団に「自民党ならこうするというのを示さずに、5月末に(鳩山由紀夫首相に)辞めろと言うのは無責任だ」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画の修正案を党としても検討すべきだとの考えを示した。現行計画は、自民党政権時代に米国と合意したものだけに、石破氏の発言には党内から異論が出る可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

「参院選、楽観できぬ」=民主選対委長が首相に報告(時事通信)
参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
兵庫県警巡査部長、下着盗み逮捕 加古川の民家から(産経新聞)
<メチル水銀>鯨の町・太地、一部住民の毛髪から平均の4倍(毎日新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-05-13 02:26
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は26日午前、独立行政法人(独法)の無駄を洗い出す「事業仕分け」第2弾の2日目の作業に入った。午前中は理化学研究所、航空大学校など文部科学、国土交通、農林水産3省所管の5法人12事業を取り上げる。
 前回、次世代スーパーコンピューター開発予算が「凍結」と判定された理化学研究所と物質・材料研究機構は、他の独法との研究内容の類似性、業務の外部委託の妥当性などを検証する。 

「医学部新設に慎重な対応を」―医学部長会議が要望書(医療介護CBニュース)
日中当局が会議開催=ギョーザ事件で情報交換−警察庁(時事通信)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-04-27 03:27
 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、日中警察当局の情報交換会議が21日から、警察庁で開かれる。容疑者の逮捕後初の会議。容疑者の供述に関する中国当局の説明には、日本国内で判明している事実との矛盾点が浮かんでいる。情報交換で日中間の“溝”を解消し、事件解決につながるかが焦点になる。【鮎川耕史】

 中国公安省は3月28日、一部の報道陣と会見し、元天洋食品従業員、呂月庭容疑者(35)の供述内容を説明した。それによると、呂容疑者は07年の10月1日、同月下旬、12月下旬の3回、天洋食品の冷蔵庫内で、注射器を使って有機リン系殺虫剤・メタミドホスを製品に混入させた。兵庫県で被害が出たギョーザの製造日は07年10月1日、千葉県の2件は同10月20日で、時期は供述に符合している。

 だが千葉県の2件の袋には、注射器を使ったとすれば残るはずの穴がなかった。警察庁科学警察研究所の実験では、メタミドホスが包装袋に浸透して袋内部に入る可能性はないと結果が出ている。包装後の混入は考えにくい状況で、経緯の見極めには中国当局の詳しい説明が欠かせない。

 また、福島県で回収されたギョーザからは、有機リン系殺虫剤・ジクロルボスが検出された。袋からはベンゼンも検出されているが、日本の殺虫剤の溶剤としては通常使われない薬品で、中国で付着した可能性が高い。この製品の製造日は07年6月3日で、呂容疑者が供述した時期とは数カ月のずれがある。中国公安省の会見では、ジクロルボス検出について説明はなかった。

 今回の情報交換会議は22日までの2日間。中国側は公安省の王桂強・物証鑑定センター副主任(局長級)ら9人、日本側は金高雅仁・警察庁刑事局長ら約10人が出席する。中井洽国家公安委員長は20日の記者会見で「向こう(中国側)から示される証拠と、こちら(日本側)の証拠を突き合わせ、不備なところの確証を得なければならない」と話した。

 ◇ことば 中国製冷凍ギョーザ中毒事件

 07年12月〜08年1月、天洋食品製の冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の3家族計10人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴え、千葉県の5歳の女児が一時重体になった。製品からメタミドホスが検出された。千葉・兵庫県警の共同捜査本部が捜査。国内での混入の可能性は低いとみていたが、中国側も当初、自国内での混入を「極めて低い」と主張した。食の安全を巡って日中間の不信が深まり、外交問題に発展した。08年8月、中国で流通した天洋食品の製品で中毒事件が起きていたことが発覚。今年3月26日、中国国営・新華社通信が中国当局による容疑者逮捕を報じた。

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換
中国毒ギョーザ:中国側捜査員月内にも来日
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
中国毒ギョーザ:日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局
中国毒ギョーザ:家族思い、いい子だった…容疑者の両親涙

<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)
竹島周辺海域の地質調査、韓国に中止を要求(読売新聞)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請−財務省(時事通信)
「哀れでますますいかれた鳩山首相」…米紙酷評(読売新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-04-22 18:37
 コンビニエンスストア大手の「ローソン」本社(東京都品川区大崎1)に3月から4月にかけて現金3000万円などを要求する封書が3通届き、警視庁が恐喝容疑で捜査していることが分かった。港区や新宿区、中央区のローソン4店舗では3月中旬、商品のパンや菓子にカッターナイフの刃が刺される事件が相次いで発生しており、警視庁は恐喝事件との関連についても捜査している。

 ◇商品にカッター刃…関連も捜査

 捜査関係者によると、ローソン本社に最初に届いた封書の消印は3月23日付で、現金3000万円を要求する内容だった。消印が4月1日と同14日の封書も送り付けられた。2通目に金銭に関する記述はなかったが、3通目では1000万円を要求。脅迫めいた文言もあったという。3通とも同社社長あてでカタカナと漢字を交ぜた手書きだった。

 ローソンを巡っては、3月12日午後〜13日未明にかけて、中央、新宿、港区の計4店舗のパンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺さっているのが見つかった。警視庁が威力業務妨害事件とみて防犯ビデオを分析したところ、複数の店舗で陳列棚の周辺をうろつく不審な男が映っていた。50代とみられ、警視庁は関連があるとみて特定を急いでいる。ローソン本社広報は「事実関係は現在調査中」としている。【内橋寿明、山本太一、神澤龍二】

【関連ニュース】
ストーカー事件:初公判で認否留保 ノエビア元副社長
恐喝未遂:1回約700万円を請求、京都のホストを逮捕
恐喝容疑:車に赤色灯付け警官装い 59歳男逮捕 茨城
日本医師会館:火災、実は職員の不注意
脅迫:ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ

鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
京大大学院生らが電気自動車開発 ベンチャー企業設立(産経新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-04-20 09:28
 昨年8月の衆院選の小選挙区で、議員1人あたりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍だったのは憲法違反だとして、香川1区(高松市など)に選挙権がある弁護士が香川県選管に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が8日、高松高裁であった。

 杉本正樹裁判長は「格差は憲法の投票価値の平等の要求に反する程度に達していたが、合理的期間内に是正がされなかったとまでは認められない」と述べ、違憲状態と判断したうえで、請求を棄却した。

 昨年の衆院選での1票の格差を巡っては、東京高裁(2月)と福岡高裁那覇支部が「違憲状態」とした一方、大阪、広島、福岡、名古屋の4高裁は「違憲」、東京高裁の別の判決(3月)は「合憲」としており、司法判断は分かれている。

<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
行員演じ現金引き出す=詐欺容疑で2人逮捕−関西で4000万円被害か・兵庫(時事通信)
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず(産経新聞)
日米首脳会談なし、代わりに隣り合わせの夕食会(読売新聞)
<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-04-13 18:22
 長野県王滝村の王滝川河川敷で3月25日、白骨化した遺体が見つかり、木曽署は、昨年7月にゴムボートから落ちた友人を助けようと川に飛び込み、行方が分からなくなっていた名古屋市港区当知、名古屋学院大生森本浩詞さん(当時18歳)と3日、発表した。

 発表によると、同署は歯型や骨格などから森本さんと断定した。森本さんは、遺体発見場所の数キロ上流から流されたとみられる。

 友人は無事だった。

<成田空港>着陸のユナイテッド機タイヤから白煙(毎日新聞)
都バスにひかれ、歩行者男性死亡(産経新聞)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)
別のわいせつ行為で再逮捕へ、教え子暴行の米国人(読売新聞)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
[PR]
by e1ofoheelq | 2010-04-08 18:21